【連載エッセイ】無雲の乳がん闘病記【Vol.033『放射線治療終了!』】

無雲の乳がん闘病記
MarijanaによるPixabayからの画像

 全25回の放射線治療が終わりました!

 約1か月半に渡った治療。段々と左胸は変色し、毛穴・シミ、とにかく汚くなりました。そして痒くて痛い。

 最後は診察もありました。この日でスッキリ終わるのか、と思いきや、皮膚の状態を見せるために、後数回は診察のみで放射線治療部に行かなければならないそうです。

 なので、がん保険の診断書は保留に。全て終わってから書いてもらいます。じゃないとお金も掛かりますし、放射線科の先生にもお手数を取らせますので。

 この放射線治療中、腹に書かれた線が気になって、シャワーの回数を増やせないので運動を辞めていたり、あかすりタオルを使わないようにしていました。

 終わった日に、ゴシゴシとあかすりタオルで体を洗ったら滅茶苦茶気持ち良かったです。

 ただ、調子に乗って左胸も洗ったら、凄く痛くてヒリヒリしてしまったので、照射した部分をあかすりタオルでこする事は推奨しません。優しく洗いましょう。って、こんな間抜けな事するの私くらいだと思うけど……。

 放射線治療って、機械の台に乗ってから、技師さんが細かく体の位置の調整をするんですけど、私はいつもこんな事を思っていました。

「重くてごめんねー……」

 BMI30以上という巨漢の私です。動かすのが大変だったと思います。マジでごめんなさい。でも、がんになってからもミクロンも痩せなくてね(笑)。

 放射線治療を終えた直後、体調を崩しました。微熱・頭重・頭痛・めまい・倦怠感です。

 微熱が続いたので、放射線肺炎が気になってA病院に問い合わせました。そうしたら、「放射線肺炎が出てくるのは照射後半年したくらいからなので、違いますよ」って言われました。

 どうやら季節の変わり目で風邪を引いたっぽいです。放射線治療が終わってホッとして疲労が噴出して、結果的に風邪引いたって感じみたいです。

 がん治療では限度額認定証も出してますが、それでも現役世代だと多額のお金を建て替えなければなりません。早く放射線科終えて保険会社に治療費請求したいわ。しんどい。

 がんってお金が掛かります。本当に、備えあれば憂いなしなので、がん保険は入っておいて損は無いと思います。

 次は、乳腺外科の予約が入っています。年末には放射線科も行きます。

 がん患者はけっこう忙しいのよ!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました