【連載エッセイ】無雲の乳がん闘病記【Vol.016『入院4日目。あっという間に退院の日です!』】

ブログ
MarijanaによるPixabayからの画像

 前回、Vol.015の更新の際、うっかりVol.016として更新してしまい、スラッグ(URL)もcancer016にしてしまいまして、すぐに直したんですが、その時すでに2アクセス頂いておりました。その時の訪問者様には、読んでいる最中にFile not foundになったかもしれないので、大変ご迷惑をおかけしました。ごめんなさい!!

 以降、この様なケアレスミスが無いようにちゃんと確認するようにします!!

 では本文を。

***

 入院4日目。術後2日目。もう退院の日です。

 朝から看護師さんが頻繁に出入りし、色々と説明を受けたりしました。しばらくシャワー浴にする事や、お酒は次回外来までは控える事などです。

 シャワー……やっと入れる……。

 実はですね、手術の日に汗をたくさんかいて目覚めてから、翌日には頭がベタベタしすぎて凄く香ばしい臭い(悪臭)がしていたんですよね。枕なんてもう臭くって臭くって。

 熱いタオルや濡れタオルで頭も拭いていたのですが、頭に凄く汗をかく体質の無雲の頭皮の臭いはそれじゃ収まらなかった。

 くせぇ。とにかくくせぇwww

 早く家に帰ってシャワーを浴びたい。そんな衝動にかられました。

 胸や脇に貼ってあるシールやテープは、剥がれたら剝がれたでそのままで良いと言われました。そうなんだ。びっくり。

 午前9時ちょっと前、外来が始まる少し前に主治医のW先生が来て、胸の水を抜いてササっと帰られました。

 忙しいよね、大学病院の先生もさ……。

 午前9時半頃、母が病院に着いたと看護師さんから言われました。会計も出来ているから退院していいですよ、と。

 ラッキー!! 早く帰れるじゃん!! ナイス母!!!

 母が私にLINEを送っている所に私が登場し、そそくさと病棟を後にしました。

 保険会社に出す診断書を頼んだり、会計したりしてすぐにタクシーに乗ろうとしました。すると、個人タクシーばかりが並んでいるではないですか。

 この間個人タクシーに乗って、病気の事を聞かれたりして嫌な思いをした無雲は、個人タクシーに乗りたくないので、大手の会社が来るのを母とじっと待ちました。15分ほど待つと、大手が来たので乗ったら、道知らずのおじいさん運転手でした。

 超塩対応の無雲(だってまだ体調悪い)に代わって、母が道を案内していました。

 お客に道案内させるタクシーの運ちゃんって、ナビ付いているの使わないの何でなの? そのナビ飾りなの?

 そんなこんなでしたが、10分ほどで家に到着。おいたんよ、久しぶりだな!!

 わいのわいのと家族に出迎えられて、せんべいを食べたらさっそくシャワーです。臭い。臭いぞ。自分が臭いぞ。

 髪の毛は二度洗い。顔も二度洗いです。

 この日は夜にもシャワーを浴びました。自分が清潔な匂いするって、いいですね。

 この日の夕ご飯は、無雲リクエストで『味の濃い食べ物』でした。出てきたのは手羽元の煮物でした。大好物だぜ!!

 お酒はしばらく飲めないけど、むしゃむしゃと食べながらおいたんとも久々に顔を合わせられて良かったわ。

 やっぱお家が一番よね~。

 この日はぐっすりと安眠出来ましたとさ。

 次回は、がん宣告されてから辞めたモノ、タバコのお話です! 禁煙辛いよー!!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました