【連載エッセイ】夫は仕事ができません!【Vol.031『進まない、就活』】

ブログ
mohamed HassanによるPixabayからの画像

 GWが明けてもう5日経過した令和4年5月13日。現時点で、おいたんの就活は全く進んでいません。

 毎日ハローワークを始め、色々なサイトの求人を見ています。特に、障害者枠は念入りに見ます。しかし、案件自体が少ないのです。とっても少ない。

 大手民間障害者雇用専門サイトが出す多くの求人は『事務職』です。パソコンはYo〇Tubeとエロサイトを見るくらいしか出来ないおいたんにとって、『事務職』なんて絶対無理な話。

 たまに、事務職以外の作業系が出ても、遠すぎて通えないとか、A型作業所で勤務時間が短すぎる、等の問題があります。

 つい先日は、一般枠でおいたんに出来そうな仕事がありました。おいたんは応募する前に、その工場がどこにあるか下見に行きました。帰宅したおいたんは……

「遠すぎる。バイクで1時間半以上かかっちゃう。通うのは無理がある」

 と言って帰ってきました。残念。

 まだ障害者手帳も発行されていないので、そんなに動き回れるわけでもないのですが、ちょっと気持ちが焦ってきます。

「障害者手帳が来るまでは、企業は相手にしませんよ」

 というハローワーク職員の一言は、おいたんの心にとっても影響を与えていて、ちょっとハローワークに行くのも怖くなっている様子。I市のハローワーク職員って、何でこんなに厳しいのでしょうか?

 一般枠の求人を見ていても、通える範囲で出る求人はほとんどが『介護』です。

 もう介護業界に懲りてしまったおいたんは、介護に戻る気持ちは無いそうです。そりゃそうだわな……。

 なかなか作業系の良さそうな求人は出ません。このご時世です。人も辞めないのでしょう。

 無雲としては、早く障害者手帳が来る事を第一に望んでいます。等級が確定して、完全なる『手帳持ち』になってしまえば、ハローワーク職員の態度も軟化すると思うのです。そして、民間の障害者雇用専門サイトからも、スカウトが来やすくなるかもしれない。

 手帳を申請したのは4月の終わり頃です。多分発行されるのは早くて6月でしょう。

「あぁ、いつまでジリ貧なんだ……」

 と溜息すら出てしまいますが、よく考えてみたらもう5月も半ばです。無雲が犬に喰われてあれこれと対応している間に、あっという間に時間は過ぎていました。この調子ならば、6月なんてあっという間に来るのでしょう。

 それまでに、良い求人があればダメで元々でチャレンジしてもらいます。

 今日もこれから求人検索して、それから精神科に通院です。来週はどこか1件でも面接に行けそうな所が出てくるといいなぁと思います。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました