【連載エッセイ】夫は仕事ができません!【Vol.021『おいたん、保険証が無くて家計がピンチ!?』】

ブログ
batian luによるPixabayからの画像

 さて、転職を繰り返すおいたんに付きまとう問題があります。それは、保険証の切り替え問題です。

 おいたんは、どこの会社でもフルタイムで働きます。正社員でも、契約社員でも、パートでも、いつも社保の加入要件を満たしているので、社保に入ってくれる会社の場合は社保に加入しています。

 前職、高齢者向けグループホームでは、契約社員→正社員→パートと、わずか3か月の間に立場が変わりましたが、社保には加入していたのでありました。

 いつもならば、辞める事が決まると、急いで薬の調達に走り回るのですが、今回は急だったし、保険証も即日返却を求められたので、薬の調達に回れませんでした。

 内科の薬はたまたまこの間通院して2カ月分貰っていたので良かったのですが、問題は精神科です。これ、もの凄く問題です。

 先週の土曜日まで返却を待っていてくれれば、手持ちの薬が7日分を切るので貰いに行けたのです。私達が通っている精神科病院は手持ちの薬が7日分以上あるとカルテで判断されると薬が出ないシステムです。

 それで、通院予定日はこれを書いている令和4年4月15日か16日なのです。保険証を返却したのが4月7日です。

 給料締め日の10日まで契約が残っていたのだったら、それまで保険証を取り上げないでいて欲しかった。でも、「即日返せ」と言われたらそれに従うしかありません。

 よって、おいたんは今無保険状態です。

 無雲は、市役所に泣きつく事にしました。

 以前、隣の市に二人でアパートに暮らしていた時、無雲がブラック企業を退職した後、13万円という医療費を実費で立て替えて、還付期限を1週間切っても離職票が届かず、M市役所に泣きついたら、会社に問い合わせをして退職を確認して保険証を発行してくれたのです。

 その手を、今住む自治体I市でも使おうと思いました。

 なので、無雲は12日の火曜日の朝にI市役所に電話しました。すると……

「当市ではそのような事はいたしておりません。退職証明書か社会保険資格喪失証明書をお持ち下さい」

 と、バッサリ切られました。

 半泣きの声で電話して、精神科の薬が無い事も言ったのですが、どうにもならない。

 電話に出たのは話し方がキツめの女性職員でした。

 無雲は医療事務員をしていた時に、この市役所の国民健康保険課にも散々電話した事があるから知っている。ここには、厳しい女職員が居る事を。

 M市は、市のキャッチフレーズが『やさシティーM市』なだけあって、何だかんだで親切で優しい職員が多かったです。でも、キャッチフレーズが『クリーングリーンI市』というどうでもいいキャッチフレーズなI市の職員は、厳しい・冷たい・怖いという評判でした。

 行政という立場上、マニュアルを遵守し、決められた通りに仕事する事は必要なのかもしれない。でも、市民が困り果てているのをバッサリ切るのはどうなの?

 おいたんも無雲も、普段精神科では自立支援という医療の助成を使っていて、それを使わないで3割で払っても家計が破たんしそうな注射や投薬を受けています。保険証が無いと、それを10割実費で立て替えないといけない。

 無雲は専業の個人事業主で、おいたんの扶養に入っていなくて国保だからいいんだけど、おいたんは現状無保険。通っている病院は容赦ないので、10割の立て替えをしないと診てくれません。

 おいたんの診療明細を見る限り、10万円は立て替えないといけない。

 それは避けたい。なので、おいたんにすぐに前職場に『退職証明書』か『社会保険資格喪失証明書』を発行してもらうように頼んでもらいました。すると……

「運営会社が変わったので、いつになるか分かりません」

 と事務員にバッサリ切られました。

 つ、使えねぇぇぇ!!!!!!!

 これで、立て替えが確定です。立て替えてから1カ月以内に保険証を持って行かないと、還付も受けられません。どないしろって言うんでしょうか。

 18日からはおいたんは別の会社で働きます。そこでも社保に入るはずなんですが、何の書類も貰ってきてないし、そもそも何の契約書・給料の振込先の紙すら貰ってきていません。

 だ……大丈夫なの……?

 とりあえず、すぐに国保が欲しい。でも、もう精神科に行くまでにはどうあがいても間に合いそうにない。今日(15日)にでも書類が来てくれたら助かるのですが、「いつになるか分からない」って言う以上そうそう早くは来ないでしょうね。

 行政の方に気付いて欲しい。

 しょっちゅう保険証が変わる人間ほど、病院に通いがちだという事を。

 そして、そういう人間は概してお金を持っていない、と。

 とりあえず、今回は諦めて無雲の口座から立て替え金を用意するしかありません。おいたんの口座からは光熱費とかが落ちるから、減らすわけにいかないのです。無雲の口座から引き落とされるのは、カード利用料と無雲のガン保険と県民共済だけだから、大体額が分かっている。

 あぁぁ、今日が障害年金の支給日で助かった。

 あ、そうなんです。無雲って、障害年金を受給してるんです。無雲は数年前まで、複数の医者から『回復不可能』『社会復帰不可能』『結婚も不可能』と診断されていてね。その頃の事はカクヨムにエッセイとしてまとめてあります。気になる方は、『【改稿版】帰ってきた! 無雲の生態~お久しぶりです、生きてます~』(完結済み)を読んでみてください。なかなか読んでいてメンタルをえぐられると評判のエッセイです。

 と、話は逸れましたが、おいたんが無保険状態で迎える精神科通院日。薬の余剰も無い。でも、おいたんには薬を飲ませておかないと平常心が保てない。

 仕方ない。立て替えるか……。

 次回は、そんな中でもおっとり構えているおいたんの『趣味』についてです。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました