【雑記】ハゼ・テナガエビ・ニゴイの炎天下【江戸川で釣り】

ブログ

 久々に釣りに繰り出した無雲とおいたん。今回は朝7時くらいに出発して、7時半くらいから釣りを開始いたしました。

 いつもより少し河口寄り(って言っても数百メートル)の広場です。

 江戸川に流れ込む排水の為の川みたいのも横にありました。そこには鯉や何かの魚の稚魚がわらわら居ました。

 とりあえず、端っこの方の狭い場所で釣りを開始した無雲。チョイ投げと延べ竿の二段構えです。

 すぐにのべ竿にハゼが掛かりました。投げの方もアタリがあります。ただ、乗らないです。逃げられます。

 しかし、このポイント、ゴミが多いし凄く引っ掛かる。取り込む時に針が滅茶苦茶引っ掛かりまして、段々イライラしてきたのでおいたんと同じ広場の拓けた場所に移動しました。

 移動して少しすると、水が凄く引いてきてしまいまして。この日は大潮だったんですが、みるみる水底が見えてくる状態で、どうにも延べ竿じゃ対処出来なくなりました。なので投げだけしといたんですが、暑い。この日はとても猛暑だった。だって空こんな。

 天気が良くて気持ちいいんですけど、暑過ぎる。凄くしんどい暑さ。

 なので、10時半には釣り終了にいたしました。

 この日の釣果。

◆無雲
 ハゼ:2匹
 ニゴイ:1匹

◆おいたん
 ハゼ:1匹
 テナガエビ:1匹

 ニゴイは延べ竿に掛かってきたんですけどね。10㎝あるかないかくらいの。これ。

 テナガエビは全長15㎝くらいある良い型だったんですが、写真を撮るのを忘れました(汗)。

 ハゼは持って帰ってきた状態のものなら写真があります。

 保冷剤強すぎて瞬間冷凍されてますが、気にしない。鮮度が保たれますし。

 この時期は、本来は夜釣りの方が釣果が良い江戸川なんですが、おいたんの仕事の関係上や無雲の体調面を考慮して、朝早く行って昼前に帰って来るしか出来ないのです。

 水上スキーがぶんぶんしてるからね、投げても無駄って話もありますし。

 これからハゼはどんどん釣れるようになります。江戸川ならそこら辺でハゼは釣れます。

 わざわざ混んでる有名ポイントに行ってごみごみやるよりも、誰も来ないような所で細々と釣っていた方がいいです。そりゃ、有名ポイントに行けばいっぱい釣れるんですけどね。束釣りしたければボートに乗ればいいと思いますよ。

 私達の様に、ちょっとしたおつまみになればいいや。くらいの人は、そこら辺で釣ってても十分釣果はあがります。

 昨日はセイゴ・フッコは来ませんでしたが、そこら辺の良さはセイゴ・フッコがよく掛かる事です。

 ほんと、一昨年くらいから江戸川は釣果が渋い。昔はかなり釣れたんですけどね。何かが、変わってきたのでしょうなぁ。

 まぁ、とにかく釣りは楽しいですので。釣果が全てではないです。のんびり川を眺めているだけでも癒されます♬

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました