【雑記】暴風雨・テナガエビ・ハゼ・巻貝【江戸川で釣り】

ブログ

 昨日、音楽作業をしていた無雲。やる気は満々でした。ところが! 耳たぶのてっぺんに吹き出物が出来まして、ヘッドホンをするとそれに当たってめっちゃ痛い。膿を持ち始めていて腫れているので激痛です。

 それで、作業に集中できずにイライラしてぐったりしておりまして、「もういいや、釣り行こ」ってなりまして、おいたんにおねだりしました。

「おいたん、パワーイソメ持って釣りに行こう」
「いつ?」
「今」
「今から!!??」

 そんなこんなで、昼過ぎから釣りに連れて行ってもらいました。場所はもういつもここです。江戸川です。

 ルンルンと電チャリを走らせていた無雲でしたが、釣り場に到着した瞬間雨がポツポツ。

 当初行く予定だったところから少し上流のH線橋梁の下に逃げ込みました。

 すこしすると、もの凄い雨と風です。通り雨でゲリラ的なものだと思ったのでしばらく待機。

 小雨になってきた段階で、H線橋梁の下の広場で釣りをする事にしました。ここ、無雲が犬に襲われたり、他にも事件に遭遇した場所なので、あんまり行きたくなかったんだけど……。

 背に腹は代えられないので、今日はいつもの右端ではなく左端で。

 この段階では、まだ小雨で空はどんより。

 それでもめげずに釣りを開始すると、ファミリーの釣り人も何組か現れました。基本、釣りやすい広場なので、土日祝はファミリー層もけっこう来ます。

 無雲はパワーイソメでチョイ投げと延べ竿を。
 おいたんは家に保存してあったミミズで延べ竿です。

 しばらくすると、「釣れた―♬」の声が。テナガエビです。

 無雲の竿はビクともしません。沈黙のままです。

 またしばらくすると、「釣れた―♬」の声が。

 めっちゃ小さいハゼでした。今年のハゼ1号ちゃんです。あまりにも小さいのでリリースしました。
大きくなったらまた掛かっておいで♡

 この段階でも無雲の竿はビクともしません。

 なので、無雲のチョイ投げをミミズにして、延べ竿もミミズを小さく切ったものにしました。

 それからしばらくすると「釣れ……た?」の声。

 巻貝が釣れました(笑)。

 これ、私のチョイ投げの餌にする事にしました。もしかしたら大物が掛かるかも!?

 この頃には、空はすっかり綺麗な青空になっていました。

 虹出るかな~? と思って探しましたが、虹は出ませんでした。

 そして、無雲の竿はビクともしないまま、時間は過ぎて行きました……。

 このポイントで暗くなってから釣りをするのは嫌なので、17時半には帰宅する決意をしました。

 無雲、ぼうずです……。

 ぼうずでも、気晴らしにはなったので良いかと思います。おいたんは好調でした。3種類も釣れて良かったね~♬

 して、テナガエビは素揚げにして塩コショウをしました。

 おいたんは優しいので、「食べていいよ?」と言いましたが、「おいたんが釣ったんだから食べなよ」と譲り合い。

 結局、半分こして食べました♬

 テナガエビは味が濃くて美味しいのよね。もっといっぱい釣れれば酒のつまみとして最高なんですが。

 そこら辺の川である江戸川。

 しかし、そのポテンシャルは計り知れないのです。
 

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました