夫は仕事ができません!

スポンサーリンク
夫は仕事ができません!

【連載エッセイ】夫は仕事ができません!【Vol.017『おいたん、職場で『バカ』呼ばわりされる』】

「あの……クソババァ!!!」  ある日、帰宅したおいたんが怒っている。クソババァとはリーダー(女)の事らしい。  温厚なおいたんがこんなに怒る事は珍しい。だから無雲はよく話を聞いてみる事にした。 「先月辺りから、作業が終...
夫は仕事ができません!

【連載エッセイ】夫は仕事ができません!【Vol.016『おいたんを構成するモノ③神様』】

 おいたんは、昔はそこまで信心深い人間ではなかったらしい。  若い頃のおいたんは、良くない仲間に引き回されて、飲みに遊んだり、喧嘩っ早かったり、そんな荒んだ生活をしていたらしいです。  そんなある日、おいたんが駅前に停めていた...
夫は仕事ができません!

【連載エッセイ】夫は仕事ができません!【Vol.015『おいたんを構成するモノ②精神障害と発達障害』】

 令和4年4月現在、おいたんの診断名は『PTSD』『双極性障害Ⅱ型』『ADHD』の三本立てです。  PTSDと双極性障害が落ち着きを見せた頃に、発達障害であるADHDの診断が下りました。  おいたんは今まで不器用に、それはそれ...
夫は仕事ができません!

【連載エッセイ】夫は仕事ができません!【Vol.014『おいたんを構成するモノ①生い立ち』】

 おいたんは、いわゆる虐待を受けて育った子供でした。  無雲がそれを知ったのは、お付き合いをしてちょっとした頃でしょうか。 「うちの両親はさ、何かっていうと俺をボコボコに殴ってきたんだよな」  おいたんもその当時無雲と同...
夫は仕事ができません!

【連載エッセイ】夫は仕事ができません!【Vol.013『そこに一貫性やポリシーは無いんかい!』】

 年明け、グループホームに勤め始めたおいたんは、いきなりその職場の洗礼を浴びました。 「自分は老人介護は素人そのものです」  と面接で言っておいたにも関わらず、開始すぐに完璧な仕事を求められ叱責される日々だったそうです。しかし...
夫は仕事ができません!

【連載エッセイ】夫は仕事ができません!【Vol.012『こいつ、年始と年末無職じゃないか』】

(大変申し訳ございません。こちらのエッセイは月・水・金更新なのに、昨日が木曜日だと勘違いして更新し忘れました! なので本日は土曜日ですが更新させて頂きます!! まことにすみませんでした!!)  おいたんが障害者施設を解雇になったのは...
夫は仕事ができません!

【連載エッセイ】夫は仕事ができません!【Vol.011『結局はパーソナリティーの問題』】

 精神科主治医M先生の所においたんを連れて行くと、M先生はこう言いました。 「介護職員が利用者に手を出す事はあってはならない。どんな生い立ちであろうとも、それは免罪符にはならない。結局はパーソナリティーの問題なんだ。カッとなるのを抑...
夫は仕事ができません!

【連載エッセイ】夫は仕事ができません!【Vol.010『おいたん、抑制が利かない』】

 おいたんがこの障害者施設に勤めた頃は、おいたんは利用者送迎車の運転もさせられていました。おいたんはバイク乗り。無雲家には車は無いので、おいたんは普段はバイクしか乗りません。  そのおいたんが車に乗ったら起こる事。それは事故。 ...
夫は仕事ができません!

【連載エッセイ】夫は仕事ができません!【Vol.009『おいたん、念願の障害者支援員になる』】

 おいたんはデイサービスを辞めるとすぐに就職活動をしました。そして、わずか1週間で次の仕事を決めました。それは、障害者支援員の仕事でした。  そもそもおいたんが介護を志したのは、老人介護ではなく障害者の介護をしたかったから。これは、...
夫は仕事ができません!

【連載エッセイ】夫は仕事ができません!【Vol.008『おいたん、歌って踊って司会も出来ない』】

 おいたんは資格を取得すると、すぐに就職活動をしました。しかし、なかなか決まらない。コロナ禍において、介護職に転職して来る他業種の若手も多く、53歳で未経験のおいたんは不利でした。  数カ月の間、受けては落ち受けては落ちした結果、よ...
スポンサーリンク
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました